2020年11月10日

分析系(研究・開発向け)

SHIMADZU ガスクロマトグラフ質量分析計 GCMS-QP2020 NX


【ラボの可能性を最大限に拡げるSmartソリューション】
・さまざまな分野で利用されるGC-MSは、今や分析の汎用機となっています。
・その中で、装置のさらなるコストパフォーマンスの向上と、利用するユーザーのワークライフバランスが期待されています。
・GCMS-QP2020 NXは、分析のあらゆる場面に対しての効率化を提案し、ラボの可能性を最大限に拡げます。
・システム価格(カタログ掲載価格) : 1,390万円~(PCセット含む)

メーカーPRポイント

「アクティブタイムマネジメント」
・メンテナンスやシステムの切り替えや分析にかかる時間を見える化し、装置の待機時間を適切に管理します。
・ユーザーが行っていた作業を自動化することで装置の効率的な運用が可能となります。

「Smart EI/CIイオン源」
・新たに開発したSmart EI/CIイオン源は、イオン源を交換せずに汎用的に利用されるEIの感度を損なうことなくCIのデータを採取することができます。
・EI法ではマススペクトルライブラリを用いた固定が困難な場合でも、CI法のデータから分子量情報を取得することができ、未知の化合物の推定に役立ちます。